ます

最終更新日:2013年5月23日

さくらます(真ます・ほんます・ひかり)

海にいる間は体側が緑をおびた銀白色で、若い個体は口中や背鰭の先が黒く、オハグロとかツマグロなどとも呼ばれる。

尾柄部が細く短かいのでつかみにくい。背びれと尾びれの緑が黒く、うろこがはがれと背側に小さい黒点がある。春から夏にかけて三陸沖の定置網でとれる真ます(ほんます)は油がのり冬のさけとは違う甘味のあるおいしさである。

塩焼き、ムニエルなどがおいしい!

▲このページの先頭へ